平成29年度事業報告

平成29年度事業報告

事業の総括

 29年度も、北九州市母子寡婦福祉会(以下「会」という)と北九州市立母子・父子福祉センター(以下「センター」という)では、ひとり親家庭(母子・父子)や寡婦に対して就労と子育ての支援をしました。また、自立や生活の安定維持が図られるよう支援活動もしました。北九州市の受託福祉事業や会の自主福祉事業を行う中で、ひとり親家庭同士のふれあいや交流、併せて寡婦との交流も出来ました。北九州市からの受託福祉事業は「市政だより」で参加者を募集しています。その参加者に対して、会の主旨説明や活動の紹介をして会員への働きかけをしていますが、なかなか会への加入につながりません。全国的にひとり親家庭が年々増えています。北九州市も例外ではありません。ひとり親家庭の方が会に対して望むことを把握し、今後の会の活動や会員獲得に活かしていきます。29年度に始まった、全母子協とローソンによる「夢を応援基金『ひとり親家庭支援奨学金制度』」の応募などもあり、会員数は28年度より50名近く増えましたが、この方々が会員継続するよう働きかけが必要です。29年度はひとり親家庭と寡婦の応援のチラシをリニューアルし、ひとり親家庭等日常生活支援事業のチラシと合わせて、北九州市内の全保育所に配布し会の周知に努めました。「ころころ保育園」はリニューアルして2年が経過しました。3月末には登録人数は45人となりリピータも増えてきました。「会」では福祉活動を実施するための費用を、収益事業で賄っています。8月末に若松区役所内に売店がオープンしましたが、厳しい経済状況の中、年々収益が減少しています。これまで通りの会の運営では、支援活動を継続的に実施していくのが難しくなりつつあります。今後も北九州市や社会福祉協議会、関係機関のご理解ご協力を頂きながら、ひとり親家庭及び寡婦の支援活動を進めていきます

事業別の推進状況

  1. 指定管理事業

    1.北九州市立母子・父子福祉センター事業

     29年度の就業支援講習会は、受講生のアンケートや応募状況を踏まえて内容を一部見直しました。受講生が減少傾向であった「給与計算と社会保険実務」の代わりに、隔年で行っていたワード、エクセルの2級講座を29年度はエクセル2級も行いました。講座数は28年度と同じ25講座であったが、受講者数は28年度を下回りました。これは、介護支援専門員受験対策、日商簿記3級、医療事務検定、ワード3級検定講座の受講生が減少したことが主な要因です。一般相談、プログラム策定人数等は概ね28年度と変わらず、下記のとおり10,520人の利用実績となり数値目標を達成しました。

     

    ≪詳細については別紙≫
    (内訳) 28年度 29年度
    ①一般相談件数 1,732件 1,702件
    ②法律相談人数 83人 50人
    ③プログラム策定人数 265人 236人
      〃  延相談人数 877人 658人
    ④就業支援講習会延受講者数 4,238人 3,778人
    ⑤ふれあい事業 554人 430人
    ⑥その他延利用者数 3,574人 3,666人
    11,323人 10,520人

     

    2.北九州市立藍島保育所事業

     平成29年度は、2名でスタートしました。3歳児のみの保育所生活となりましたが、一人ひとりに寄り添いながら、個性を大切にして、3歳児の発達に応じた保育に視点をおきました。春の親子遠足は「到津の森公園」「勝山公園」へ、進級前遠足では「AIM元気のもり」に行き、たくさん身体を動かして遊びました。島内や海での自然探索、小学校のプール遊びや「ふるさと運動会」の練習等、戸外で積極的に身体を動かしました。マラソン大会へ向けて朝のランニングも頑張りました。花や畑の野菜作りは、子どもたちと共に成長した野菜の収穫に喜びを感じ、給食の食材に取り入れました。「今日もいっぱい水をあげなきゃ」と、身近な植物にも興味を示しています。

     

  2. 受託福祉事業

    1.母子家庭関係事業(母子家庭等交流推進事業)

    • 「ひとり親家庭ふれあいバスハイク」は8月に山口県の「ときわ公園」へ出かけ、動物とふれあったり遊園地で遊び親子で楽しみました。また、近くの畑でブルーベリー狩りを体験しました。
    • 「ひとり親家庭と寡婦のふれあいスポーツ大会」は、11月に浅生スポーツセンターで行いました。寡婦と共にゲーム形式のスポーツを楽しみ、健康づくりと交流を図りました。
    • 「ひとり親家庭子育て交流会」は年末で閉園するスペースワールドへ12月に出かけ、待ち時間が90分以上のアトラクションもありましたが、親子で楽しい思い出作りが出来ました

    2.ひとり親家庭等日常生活支援事業

    • ひとり親家庭や支援員宅、研修場所に家庭生活支援員を派遣し、子育て中のひとり親家庭や寡婦を支援しました。また、ひとり親家庭等日常生活支援事業のチラシを北九州市内の保育所に配布して周知に努めました。

    3.母子福祉資金等償還金収納事務委託事業

    • ひとり親家庭等への貸付金の償還事務を2名の償還職員が行っています。日中や夜間訪問などを行っていますが、滞納者への貸付金請求と返還に苦慮しています。

 4.北九州市面会交流支援事業

面会交流支援事業は、「離婚もしくは別居により、父母と離れて暮らす子と別居親との面会時の付添いや交流などを支援する」もので、当会が北九州市より委託を受け実施しました。

面会交流の方法や日程等は、専門的な知識や経験等を有する「NPO法人北九州おやこふれあい支援センター」に再委託して行いました。29年度は、4件の申込みがあり、その内2件の支援実施の決定を行いました。

 

  1. 自主福祉事業

    1.ふれあい行事

    • ソフトバンク野球観戦は6月と9月に実施し、みんなで力いっぱい応援しました。 
    • 親子クリスマス会は12月に母子部企画により母子・父子福祉センターで開催。親子で空き瓶を利用したランタン作りを楽しみ、手作りカレーとサンタのプレゼントで親子がふれあいました。
    • 寡婦研修は、1月に1泊2日で筑後川温泉に行きました。日田市豆田の町並散策などをし、交流と親睦を深めました。30年の九州大会に向けて充実した研修となりました。

    2.各地区の事業

    • 北九州市内7地区がバスハイクや地区独自の企画を行う等、会員相互の交流ふれあい行事を実施しました。

    3.ころころ保育園

    • 平成28年4月1日に一時預かりを主にリニューアルオープンし、1年経っても20人弱の登録数でしたが、30年3月末には45人になりました。幼稚園や保育園が休みの日祝日の預かりが多く、看護師・美容師・事業主などの方から「ここがあって良かった」と感謝されています。今後も、子ども達の安心安全に気を配り、楽しく過ごしてもらえるよう、子どもの気持ちに添った保育を心がけ、保育者としての知識や経験を活かしていきます。30年度は新たに保育者が2人が加わり、5人で協力し子どもたちの成長を見守っていきます。

    4.無料職業紹介所事業

    • 母子・父子福祉センターの就業支援事業と共に実施し、企業の登録や就業促進をしていますが、今後の事業の展開の検討が必要です。

    5.北九州市母子寡婦福祉研修大会 (北九州市の補助金事業)

    • 昨年に続き戸畑市民会館中ホールにて7月に開催。市長よりひとり親や寡婦の励みになる言葉や北九州市の現状をお話頂きました。講演では相手の目を見て挨拶する事の大切さを再認識し、演芸では子ども達の皿回し体験に沢山の拍手が送られました。

    6.各種研修会等

    • 10月に大分県で九州地区母子寡婦福祉研修大会が、11月は愛知県で全国母子寡婦福祉研修大会があり、厚生労働省による行政説明を受けた後、それぞれ代表者による発表と研修討議がありました。今回北九州市の会員田中氏が、九州大会と全国大会で父子家庭の立場で発表しました。
    • 九州地区母子部長会議や北九州市母子部長会議で、母子部の活動や活性化について検討しました。
    • ひとり親家庭等日常生活支援事業の家庭生活支援員の研修は、保育にかかわる研修や人権及び個人情報保護など、32時間の研修を行いました。
  2. 自主収益事業

    1.売店経営3店舗

    • 経営2店舗 (小倉北区役所内・市立八幡病院内・若松区役所内)

    2.食堂

    • 経営1店舗(年長者大学校穴生学舎内 喫茶‘たんぽぽ’)

    3.公衆電話(19台)・飲料水自動販売機(22か所)設置

    4.若戸大橋通行券・切手ハガキ・たばこ販売

    5.(株)ホリウチ・ちかまつ商店等の還元金協力会社の商品販売

    上記の事業収益により、ひとり親家庭及び寡婦の支援事業をしていますが、

    厳しい経済状況の中収益が減っています。母子家庭の母や寡婦の就労の場として、また、活動資金づくりのため頑張っています。

 

その他

  1. 他団体からの支援や協力寄付等
    1. 5月に小文字ライオンズの招待。ミクニワールドスタジアム北九州のバックヤードを見学後、ギラヴァンツ北九州の選手によるサッカー教室とミニゲームを親子で楽しみました。

    2. 10月に国立夜須高原青少年自然の家より“夜須高原スマイルキャンプ”の招待。1日目は、林間ボブスレーと渓流登りを体験し、夜はジャムランタン作りと天体観測をしました。2日目は、サンヴィレッジ茜で人工芝スキーを体験し、2日間親子で自然を満喫しました。

    3. 2月にアコム㈱より音楽影絵「セロ弾きのゴーシュ」の招待。生演奏と組み合わせた影絵を親子で鑑賞し楽しみました。

    4. 北九州プロバスクラブより賛助金寄付3万円の授与。
    5. 共同募金会よりの配分金の授与。
    6. 北九州市社会福祉協議会よりソフトバンク野球観戦チケット寄付。
    7. 西日本新聞民生事業団よりソフトバンク野球観戦チケット寄付。

    上記たくさんの団体からのご支援をいただきました。

  2. 情報提供等広報活動等
    1. 北九母子会報発行。 (70号・71号)
    2. ひとり親家庭と寡婦の応援のチラシ作成
    3. ひとり親家庭と寡婦の応援のチラシとひとり親家庭等日常生活支援事業利

      用チラシ保育所等へ配布。

    4. 母子・父子福祉センターの講座、相談等の事業案内のリーフレット作成配布。
    5. 母子・父子自立支援プログラム策定の紹介チラシ(裏面母子会チラシ)や成功事例集の作成配布。
    6. ホームページ(母子会と母子・父子福祉センター)
    7. メールマガジン(母子・父子福祉センター
  3. その他
    1. 個人情報の適切な保護管理に努め、母子・父子福祉センター利用者や団体会員の名簿等の取扱いを厳守し、職員や支援員・役員に守秘義務の徹底を行いました。
    2. 苦情解決責任者と第三者委員を委任し、解決に努めています。 
 

平成29年度決算

 29年度正味財産増減計算書

※クリックするとPDFファイルが開きます。

ラインあっと2